大阪狭山市・富田林市で審美歯科、セラミック治療なら

〒589-0006 大阪府大阪狭山市金剛1丁目9-4
南海高野線「金剛駅」東口より徒歩3分

診療時間
9:30~13:00 × ×
15:00~18:30 × × ×

■:14:00~17:00 ●: 9:00~13:00
休診日:火曜・木曜・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

072-289-8148

メタルボンド治療

保険適用外のメタルボンド(メタルセラミック)治療は、できるだけ安い費用で受けたいとお考えの患者さまが多いことでしょう。当院では、リーズナブルな値段でメタルボンド治療をご提供しています。安いからといって歯科治療の質が低いなどということは決してありません。

「安いだけでなく、上手い歯医者さんで良かった」とおっしゃっていただけるよう、当院は治療の質にもこだわっています。

メタルボンドとは

メタルボンドとは、メタルセラミックまたはメタルボンド冠とも呼ばれる、内側は金属、外側はセラミックでできたクラウン(被せ物)です。

金属を使っているため強度があり、耐久性に優れた丈夫なクラウンができます。

メタルボンドとジルコニアセラミックの違い

丈夫で耐久性に優れているという観点でメタルボンドとよく比較されるのが、ジルコニアセラミックです。メタルボンドが内側に金属、外側にセラミックを使っているのに対して、ジルコニアセラミックは、内側にジルコニア(人工ダイヤモンド)、外側にセラミックを使っています。金属もジルコニアも、たいへん丈夫な素材なので耐久性に優れているのです。

また、それぞれにメリット・デメリットがあるため、一概にどちらがおすすめとは言えません。

メタルボンドのメリット
  • ジルコニアセラミックよりも治療費が安い。
  • 内側が金属なので耐久性が高く寿命が長い。
メタルボンドのデメリット
  • 金属アレルギーのリスクがある。
  • ジルコニアセラミックに比べると透明感がなく、審美性が劣る。
  • 金属の影響で歯ぐきが黒っぽく変色することがある。

治療部位が前歯なのか奥歯なのかや、治療にかけられる予算によって、メタルボンドとジルコニアセラミックのどちらを選ぶか決める方が多いでしょう。

メタルボンドとオールセラミックの違い

メタルボンドとオールセラミック、どちらにしようか迷われる患者さまも多いですね。メタルボンドが内側に金属を使っているのに対して、オールセラミックは一切金属を使っていません。すべてがセラミックでできているのがオールセラミックです。

メタルボンドは金属を使っているため丈夫な反面、見た目の美しさはオールセラミックに劣ります。そのため、見た目を特に重視する前歯はオールセラミック、強く噛む力がかかる奥歯は丈夫なメタルボンドを選ぶ患者さまが多いでしょう。

メタルボンドからオールセラミックに変えたい

オールセラミックもジルコニアセラミックも、比較的最近普及した治療です。昔はセラミックの耐久性が低く、たいへん割れやすかったため、内側に金属を使ったメタルボンドの方がメジャーな治療でした。かつては、セラミック治療といえばメタルボンドだったのです。

そのため「昔入れたメタンルボンドをオールセラミックに変えたい」という相談が増えています。特に見た目を重視する前歯でこの傾向が強く、メタルボンドからオールセラミックに変えたいという患者さまが増えていると感じます。

メタルボンド治療の特徴

メタルボンド治療の特徴をメリットとデメリットでご紹介しましょう。

メタルボンド治療のメリット

メタルボンド治療の主なメリットはこちらです。

  • 1
    銀歯ではなく白い歯にできる
  • 2
    内側が金属なので耐久性が高く寿命が長い
  • 3
    丈夫なので奥歯のような噛む力が大きくかかる歯の治療もできる
  • 4
    他のセラミック治療よりも安い
  • 5
    昔から行われている治療なので信頼できる

メタルボンド治療のデメリット

メタルボンド治療の主なデメリットはこちらです。

  • 1
    治療費の相場が保険の銀歯よりも高い。
  • 2
    金属アレルギーのリスクがある。
  • 3
    他のセラミック治療よりも見た目の美しさが劣る。
  • 4
    金属の影響で歯ぐきが黒っぽく変色することがある。

メタルボンドの失敗例

どんな時にメタルボンド治療は失敗してしまうのでしょうか?失敗例をご紹介します。

透明感が少なく天然の歯でないことがわかってしまう

メタルボンドは内側に金属を使っているため透明感が少なく、オールセラミックやジルコニアセラミックに比べると審美的に劣ります。そのため、前歯をメタルボンドで治療すると周りの天然の歯に比べて透明感がなく、少し浮き上がって不自然に見えることも。

すぐに差し歯だとわかってしまうのでは、失敗といえるでしょう。

メタルボンドは耐久性に優れた治療ですが、失敗して後悔することがないよう、お口の状況や患者さまのご希望に合わせて選択することが重要です。

メタルボンド治療の種類・費用

メタルボンド治療の値段のご案内です。

当院のメタルボンド治療では、最新機器を活用した精密治療を実践しています。まず第一に、歯科用顕微鏡「マイクロスコープ」を活用したミクロン単位の処置を実現しました。そして、口腔内スキャナ「アイテロ」を使った型取りは、デジタルデータであるため変形の心配がなく、精密なメタルボンドを製作することに繋がっています。

メタルボンドクラウン

内側に金属を使い外側をセラミックで覆ったクラウン(被せ物)です。金属を使っている分、強度があり、耐久性に優れています。噛む力が大きくかかる奥歯の治療におすすめです。

金属アレルギーのリスクはあります。

費用・値段
77,000円(70,000円 税別)

治療名:メタルボンド治療

治療の説明:見た目や噛み合わせなどの改善を目的に、人工の歯(かぶせもの)で補う治療法です。

治療のリスクや副作用:強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。土台となるご自身の歯を削る必要があります(削る量は材質や個人差によります)。歯の状態によっては神経の治療が必要になる場合があります。治療時に出血を伴う可能性があります。

以下のページもご覧ください

セラミック治療について、利点だけでなくデメリットや後悔しない方法についても解説します。

当院で提供している金属アレルギー対策・メタルフリー治療をご紹介します。

セラミック治療が具体的にどのような流れで進むのか、ご紹介します。

最新機器「マイクロスコープ」などを導入し、精密さを追求した審美歯科治療を行っています。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

072-289-8148

診療時間

 
午前 × ×
午後 × × ×

午前:9:30~13:00
午後:15:00~18:30
■:14:00~17:00
●: 9:00~13:00
休診日:火曜・木曜・祝日

072-289-8148

〒589-0006
大阪府大阪狭山市金剛1丁目9-4
南海高野線「金剛駅」東口より徒歩3分